WWW を検索
  サイト内を検索
日本赤十字社
松江赤十字病院
〒690-8506
島根県松江市母衣町200
TEL.0852-24-2111
FAX.0852-31-9783
qrcode.png
https://www.matsue.jrc.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

専門看護師・認定看護師・特定認定看護師

 

専門看護師・認定看護師・特定認定看護師

専門看護師・認定看護師・特定認定看護師
 
 

専門看護師

専門看護師
 
2020年4月1日現在、3分野4名の専門看護師が活躍しています。
ブログ検索 専門看護師
 
 
表1 専門看護師認定者
分野 氏名 人数
がん看護 加藤由希子 1
精神看護 齋藤涼子 1
地域看護   0
老人看護 内部孝子、梶野好美 2
小児看護   0
母性看護   0
慢性疾患看護   0
急性・重症患者看護   0
感染症看護   0
家族支援   0
在宅看護   0
合計 3分野 4人
常勤看護職員に占める専門看護師の割合(1000人当たり) 6.2‰
   
【がん看護専門看護師】 加藤由希子
がんと診断されたときからがん治療や療養中にある患者さんやご家族、その方々を支える医療者からの相談を受けています。患者さんやご家族の身体・こころ・生活に起こる様々な悩みや問題に対し最善を一緒に考え、患者さんやご家族が自分らしく安心して過ごせるように、医師や看護師、社会福祉士など多職種で連携・協働して活動しています。
 
 
【老人看護専門看護師】 内部孝子 梶野好美
看護部に所属し、高齢の方や認知症の方の、入院による環境の変化や治療に伴う苦痛が最小限になるように活動しています。医師、社会福祉士などの他職種と共に高齢者や認知症の方の入院環境が整えられるようにしていきたいと思っています。
 
 
【精神看護専門看護師】(リエゾン精神看護専門看護師) 齋藤涼子
リエゾン精神看護専門看護師は、精神科だけでなく身体疾患を持つ患者さんやご家族の精神的ケアを役割とし、組織横断的に活動しています。治療中は「気分が落ち込む、イライラする、眠れない」など心が不安定になられることもありますが、少しでも精神的な辛さが緩和できるように、多職種と協働して支援していきたいと思います。また、公認心理士とともに職員のメンタルヘルス支援も行っています。
 
 

認定看護師

認定看護師
 
2020年4月1日現在、15分野27名の認定看護師が活躍しています。
ブログ検索 認定看護師
 
 
表2 認定看護師認定者
分野 氏名 人数
救急看護 中筋真紀、影山圭子 2
皮膚・排泄ケア 石飛仁美、渡部幸紀 2
集中ケア 小林由美、福田由紀、石田朱 3
緩和ケア 川上和美、松本愛、藤原優香 3
がん化学療法看護 伊藤良子、山本香織 2
がん性疼痛看護 田淵律子 1
訪問看護   0
感染管理
角紀子、土江和枝、
  篠原彩
3
糖尿病看護   0
不妊症看護   0
新生児集中ケア   0
透析看護   0
手術看護 岩田めぐみ 1
乳がん看護 林美幸、横地恵美 2
摂食・嚥下障害看護 石河映美 1
小児救急看護   0
認知症看護  佐野英津子、藤江育子 2
脳卒中リハビリテーション看護 宇山真弓、山根悠紀 2
がん放射線療法看護 土江真弓 1
慢性呼吸器疾患看護 野津栄子 1
慢性心不全看護 田中麻智子 1
合計 14分野 27人
常勤看護職員に占める認定看護師の割合(1000人当たり) 42.4‰
   
【救急看護認定看護師】 中筋真紀 影山圭子
突然発症する救急の疾患や外傷を抱えた患者さんやその家族に対し、より迅速かつ適切なケアが提供出来るよう、日々現場で活動しています。また、院内外問わず救急に関する勉強会や研修会に携わり、救急看護の質の向上に努めています。さらに、DMAT隊の一員として災害時や訓練への参加など行っています。
 
 
 
【皮膚・排泄ケア認定看護師】 石飛仁美 渡部幸紀
日本看護協会DiNQLをはじめ、質の高い医療看護の指標には常に「褥瘡」があがっています。2025年問題を見据え、超高齢化の今、さらなる褥瘡予防・スキンテア予防対策が求められています。院内外の研修や横断的な院内ラウンドを通して『まずは予防から』『知識を確実な実践へ』を合言葉に今年も動き回ります。
 
 
【集中ケア認定看護師】 小林由美 福田由紀 石田朱
生命の危機的状況にある患者さんが、重篤化を回避し、一日でも早く社会復帰して頂けるように、それぞれの部署で活動しています。

病院の玄関口である救命救急センターに所属しています。主に呼吸・循環のアセスメントに力を入れ、看護実践やスタッフへの指導を行っています。救命救急センターの入院患者さんは、そのほとんどが緊急入院で、突然の環境の変化や体調の変化に戸惑い、多くの不安を抱えておられることと思います。そんな患者さまに寄り添い、患者さまから信頼され、安心して過ごして頂けるよう頑張っています。(小林由美)
 
 
消化器センター(外科)に所属しています。患者さんが主体的に治療に参加できるように、手術を受けられる患者さんへは入院前よりオリエンテーションを行い、病棟看護師だけでなく外来・手術室看護師とも連携して、切れ目のない看護の提供を目指しています。術後は、痛みやストレスの少ない状態での早期離床や、気がかりなことなどへの対応を行い、患者さんが安心して退院できるようお手伝いしています。(福田由紀)
 
 
ICU・CCUで集中治療を受けられる患者さんに対し、合併症の予防や治療に伴う様々なストレスを和らげることなど、質の高い看護を提供できるよう努めています。また、入院前の生活に近づけられるよう、多職種でスタッフと共に苦痛を最大限に取り除きながら早期のリハビリテーションを行っています。集中ケア認定看護師として、真摯に患者様やご家族と向きあい、時に代弁者として寄り添える存在になりたいと考え、日々活動しています。(石田朱)
 
 
●呼吸サポートチーム(RST)に属し、人工呼吸器を使用中の患者さんや呼吸に専門的な関わりが必要な患者さんを対象に、週1回以上チームで訪問しています。メンバーの一員として、医師・臨床工学技士・理学療法士と共に対応しています。
 
【緩和ケア認定看護師】 川上和美 松本愛 藤原優香

2017年度より、緩和ケア認定看護師は3名に増えました。
「告知や病気・治療による辛さを和らげる」を目標に、院内外の看護師や他職種と協働・連携し、患者さん・ご家族の“生活のしやすさ”を大切に活動しています。
早期から、入院中だけでなく在宅でも患者さん・ご家族が“自分らしい生活”を送れるよう取り組んでいます。

 

詳しくはがん看護相談】【緩和ケアチームのご案内】をご覧ください。

 

ブログ検索 緩和ケア認定看護師

 
【がん化学療法看護認定看護師】 伊藤良子 山本香織
がん化学療法は数ヶ月~数年にかけ繰り返し行われる治療のため、いかに副作用を軽減し、普段の生活を続けていけるかが大切となってきます。コニュニケーションを大切にし、患者さんの理解に努め、治療による苦痛を軽減することで“喜び“や“生きがい”を共有していける看護を目指しています。
   
【がん性疼痛看護認定看護師】 田淵律子
がんと診断された患者さんは、身体の痛みの他にも心の痛みなど、たくさんの痛みを抱えていらっしゃいます。その痛みを取り除くために、それぞれの方に応じた適切な薬剤の使用や管理を行っていきたいです。また、生活の質を維持・向上できるような看護援助を行いたいと思います。そして、患者さんや家族の方に対し、その人がその人らしい人生を送ることができるよう支えていきたいと考えています。
 
 
【感染管理認定看護師】 角紀子 土江和枝 篠原彩
医師・薬剤師・検査技師と共にチームで院内感染の発生防止・拡大防止に取り組んでいます。
主な活動としては感染症の発生状況と対策の実施状況の確認、各部署の環境チェックと指導、全職員への感染対策の研修などを行っています。
 
 
【手術看護認定看護師】 岩田めぐみ
手術を受けられる患者さんの不安を少しでも軽減し、安全で安心な手術を提供できるよう、手術室スタッフと共に活動しています。手術中のみでなく、周術期看護という観点で患者さんを捉えることを心がけています。そのため、手術室は外来や病棟と今まで以上に連携を強めて患者さんを支えていくよう活動します。
 
 
【乳がん看護認定看護師】 林美幸 横地恵美
乳がんは、医療の進歩により治療の選択肢が広がっており、治療選択、ボディイメージの変容に関わるケアを中心に患者さんとご家族のサポートを行っています。2017年から患者交流会を患者さんと一緒に企画し開催しています。治療を受けながら患者さんが、その人らしい生活を送れるように支援していきたいと思っています。
また、乳がんは、早期発見・早期治療で95%が治る病気であり、他職種と協力して啓発活動も行っています。
 
 
【摂食・嚥下障害看護認定看護師】 石河映美
摂食嚥下障害は小児期、成人期、老年期の全ての発達段階に認め、様々な疾患によって起こります。そして、生きる喜びや活力を失います。患者さんの思いに寄り添い、原疾患、発達段階をふまえ、評価、アセスメントから医師、看護師、多職種、地域との連携を大切に支援出来るよう活動します。
 
 
【脳卒中リハビリテーション看護認定看護師】 宇山真弓 山根悠紀
脳卒中発症早期から全身状態のアセスメントを行いリスク回避しリハビリテーションにつながる看護ケアをチームで行っていきます。麻痺や高次脳機能障害による退院後の生活の再構築の手助けができること・自宅退院される方に再発予防を実践して頂けるように活動します。
 
 
【がん放射線療法看護認定看護師】 土江真弓
がん治療の3本柱である放射線療法ですが、放射線というと「怖い」「被ばくしないの?」など不安に思われる方がとてもたくさんいらっしゃいます。患者さんが安心・安全に治療を受けられるよう、治療室スタッフ・外来・病棟と連携をとりながら支援をしていきます。患者さんだけでなくご家族様も、一人で悩まれずにどんな小さなことでも大丈夫ですので声をかけてくださいね。
 
 
【慢性呼吸器疾患看護認定看護師】 野津栄子
慢性呼吸器疾患の患者さんは、症状が変化する中、呼吸困難や動きづらさなどと付き合っていかなければなりません。私たちの病院ではそんな患者さんに対して専門性を備えたコメディカルが連携しチームとして関わっています。
私は認定看護師として患者さんの症状が少しでも和らぐよう、また住みなれた地域でその人らしく生活が出来るよう努力しています。またチームメンバーで急性期から慢性期、終末期にわたり多角的に支援し、みなさんのお役に立てるよう頑張っていきたいと思います。
 
 
●呼吸サポートチーム(RST)に属し、人工呼吸器を使用中の患者さんや呼吸に専門的な関わりが必要な患者さんを対象に、週1回以上チームで訪問しています。メンバーの一員として、医師・臨床工学技士・理学療法士と共に対応しています。
 
 
 
【慢性心不全看護認定看護師】 田中麻智子
2015年に慢性心不全看護認定看護師の資格を取得しました。現在、5階西心臓血管センターに勤務しています。心不全は増悪と緩解を繰り返す病気ですが、療養生活の過ごし方によって、症状の増悪を予防することができます。入院当初の辛い時期が過ぎると、もう治ったと勘違いしてしまいがちですが心臓の状態が良くなったわけではありません。身体の辛さがなくなると無理をしてしまいがちですが、弱った心臓にとって無理は禁物です。一人ひとりの方が無理なく病気と付き合うことができるよう、一緒に考えていきたいと思います。
 
 
●呼吸サポートチーム(RST)に属し、人工呼吸器を使用中の患者さんや呼吸に専門的な関わりが必要な患者さんを対象に、週1回以上チームで訪問しています。メンバーの一員として、医師・臨床工学技士・理学療法士と共に対応しています。
 
 
 

特定認定看護師

特定認定看護師
 
2020年4月1日現在1区分で1名の特定認定看護師が活躍しています。
 
表3 特定認定看護師
区分 氏名 人数
創傷管理関連 石飛 仁美 1
 
今までの皮膚・排泄ケア領域の知識・技術に加え、診療の補助行為である特定行為(1区分:創傷管理関連、2行為:褥瘡または慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去、創傷に対する陰圧閉鎖療法)を、医師だけでなく様々な職種の方々と協働し実践していきます。患者さんに一番身近な看護師の強みを活かし、安全で安心な特定行為を提供することで、医療・看護の質の向上に努めていきたいと思います。
 
ブログ検索 特定認定看護師
<<松江赤十字病院>> 〒690-8506 島根県松江市母衣町200 TEL:0852-24-2111 FAX:0852-31-9783