本文へ移動

リハビリテーション科

当科の紹介

   当院のリハビリテーション科はH12年に開設され、現在医師2名と、理学療法士32名、作業療法士7名、言語聴覚士7名が所属しています。入院早期からリハビリテーションをおこない、より元気な状態で自宅に戻っていただけることを目指しております。各科医師にリハビリテーションの必要性が周知され、入院早期より院内全ての科から依頼をいただいております。ここ数年は依頼数が増加しており年3,000名以上の患者さんにリハビリテーションを施行しています。脳血管障害をはじめ広く神経疾患、整形外科疾患、呼吸リハビリテーション、心臓リハビリテーション、摂食・嚥下、失語症、高次機能障害、がん、小児、リンパ浮腫など、様々なリハビリテーションの要望にも応じることができるようなってきております。また回復期リハ病院はじめ地域の他の医療機関、介護施設などとの円滑な地域連携を行っています。急性期・救命救急・高度医療機能を有する地域中核病院のリハビリテーション部門として必要とされ期待される診療を行ってまいります。今後も一人でも多くの方々に、元気で活動的な生活に戻っていただけるよう日々の診療に努めさせていただきます。

最近の話題

  • 県内でいち早く、心臓リハビリテーションを開始するなど、急性期リハビリテーションの実践につとめています。
  • 早期リハへの対応のため土日祝日のリハ診療を行っています。
  • 当院退院後も途切れることのないリハビリテーションを円滑に行なっていけるよう松江圏をはじめとした近隣の病院・施設と「地域連携」を密接にすすめております。大腿骨頚部骨折、脳卒中に関しては「地域連携パス」というものを取り入れリハビリテーションの状態・評価が継続して活かされるしくみを取り入れています。

当科の診療実績

リハビリテーション
リハビリテーション年間施行延べ人数(入院分)
2005年 1805人
2006年2022人
2007年 1794人
2008年 1707人

スタッフ紹介

リハビリテーション科部 部長

北惠 詩穂里(きたえ しほり)

1995年 愛媛大学卒

資格等

    医学博士
    日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
    日本神経学会専門医・指導医
    日本内科学会総合内科専門医・認定医・指導医
    日本脳卒中学会専門医・指導医
    義肢装具判定医師

所属学会

    日本リハビリテーション医学会
    日本神経学会
    日本内科学会
    日本脳卒中学会

専門分野 

    脳血管リハビリテーション

リハビリテーション科部 副部長

木下 香織(きのした かおり)

2003年 鳥取大学卒

資格等

    日本内科学会認定内科医
    日本神経学会認定神経内科専門医

所属学会

    日本神経学会
    日本内科学会
    日本神経治療学会
 

名誉院長 兼 リハビリテーション科部 医師

秦 公平(はた こうへい)

1973年 京都大学卒

資格等

    日本整形外科学会認定医
    臨床研修指導医
 
TOPへ戻る