本文へ移動

人材育成・継続教育

求める看護職員像

 
  • 豊かな感性を磨き、倫理感をもつことができる。
  • 組織の一員として、赤十字の理念に基づいて行動できる。
  • 患者中心の看護ができる。
  • 質の高い看護サービスが提供できる。
  • 地域と連携、協働することができる
  • 自己啓発と自己研鑽に努めることができる。

人材育成方針

 
  • 個々のキャリアアップ計画を大切にしながら組織の目標達成、職務遂行に最適な人材を育成する。
  • あらゆる能力レベルに応じて学習の機会を提供する。

教育理念

 

赤十字及び当院の理念に基づき、豊かな人間性と幅広い知識、技術を備え、患者中心の質の高い看護が提供できる看護職員を育成する。

教育目標

 
  1. 日常の看護場面や災害発生時には、赤十字の理念に基づいて行動ができる看護職員を育成する。
  2. 専門職として知識・技術を向上させ、良質で安全な医療・看護ができる能力を養う。
  3. チームの一員として自己の役割を認識し、地域と連携協働して役割遂行できる看護職員を育成する。
  4. 自己成長をめざし、自律して思考し行動できる能力を養う。

キャリア開発ラダー

 

継続教育システムとして、キャリア開発ラダーを導入しています。

キャリア開発ラダーでの看護実践能力の到達目標を示しています。

 

支援

その他の支援
 
  • 院内登録看護師制度に基づく教育 (ブログ検索 院内登録看護師
  • IVナース制度に基づく教育研修
  • 育児休業中の職場復帰研修 (ブログ検索 育児
  • 特定行為研修指定教育機関の指定を受けています。(2019年2月~)

院内集合研修の組み立て

院内集合研修計画

 

令和3年度集合研修計画は下記ボタンよりダウンロードしてください。

 

 

赤十字看護師の研修

 

 赤十字の理念・活動を理解し赤十字看護師としての役割を実践できること、災害発生時には赤十字看護師として状況に応じた活動ができることを目標にしています。
赤十字概論、災害看護論、日本赤十字社救急法について研修を行います。

新人看護職員教育目標

 
  1. 社会人としての基本的行動がとれる。
  2. 日々の看護業務を通して、看護実践能力を身につける。
  3. グループメンバーとしての役割を理解し、意思表示ができる。
  4. 自己学習の習慣ができる。
  5. 赤十字活動に関心がもてる。

新人看護職員への支援

 
教育支援体制 
●PNS®による新人看護職員を支える組織体制=スタッフ全員での指導体制(チーム支援型)PNSによる“違いを活かした”“2人3脚”の看護方式により、看護(先輩の経験知、暗黙知)の伝承を可能にする。また、新人としての強みを活かし、最新の知識の提供を行うことで、先輩の再学習の機会となる。長年の慣習による看護ケアを見直したり、エビデンスに基づいた看護ケアの確認などを行ったり、共に学び成長することが可能である。
 
  • 情報共有支援:「新人看護職員年間のキャリアパス」「看護技術到達状況一覧表」
  • 自己学習支援:「研修ファイル」・℮ラーニング
  • 心理支援:「ビジュアルシート」・フレッシュパートナー     等
 
部署内教育 (PNSの補完の原理に基づく、OJT充実)
  • 手順書「のび~るファイル」「看護技術到達一覧表」を用いたパートナーによる看護技術指導
  • 指導ガイドラインに沿った各部署の指導プログラムに基づいて指導
  • 多重課題シミュレーション
  • 専門領域の勉強会   等
 
院内集合研修
 
長期ローテーション研修 
  • 8か月間で3部署の研修(3か月→3か月→2か月の3クール)
    (平成29年度から7か月間の長期ローテーション研修を開始。令和2年から8か月へ変更)
  • 他部署研修(1週間程度):手術室、救命救急センター、ICU・CCU
  • 他部門見学(1日程度):薬剤部、検査室、放射線科、内視鏡室 等
  • 特殊部署研修(3日):産科、精神科
  • 院内留学:正式配置後未経験の技術・看護を経験
TOPへ戻る