WWW を検索
  サイト内を検索
日本赤十字社
松江赤十字病院
〒690-8506
島根県松江市母衣町200
TEL.0852-24-2111
FAX.0852-31-9783
qrcode.png
https://www.matsue.jrc.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

2020年度 松江赤十字病院 病院指標

 

年齢階級別退院患者数

年齢階級別退院患者数
 
   
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 608 201 379 554 716 987 2021 3253 2657 878
 
令和2年度に一般病棟を退院した患者さんについて、入院時の年齢で10歳刻みの年齢階級別に表しています。90歳以上については1つの階級で集計しています。
島根県は高齢化県であるため、60歳以上の患者さんの割合が全体の70%以上、70歳以上の患者さんの割合が半数以上を占めており、誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患、大腸ポリープなどの消化器系疾患、尿路感染症などの腎・尿路系疾患が多い傾向となっています。昨年度は新型コロナウイルス感染症の流行等により、退院患者数は昨年度より10%減少し、全体で12,254人になりました。
 
 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
 
   
診療科別に診断群分類の上位5位の患者数等を示したものです。表中の「転院率」とは、当院退院後に他の医療機関に転院(入院)した割合を示します。
この指標ではDPC包括評価対象のみを集計しています。入院の治療の中には、DPC包括対象外となるものがあるため、実際には件数の多い治療でも上位5位に含まれないことがあります。 患者数が10件未満に満たないものは「-」で示しています。(厚生労働省「病院情報の公表にかかるFAQ」より)
   
■糖尿病・内分泌内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり 65 14.80 14.600.0066.74
10007xxxxxx0xx2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 なし2612.3111.260.0056.38
110310xx99xxxx腎臓又は尿路の感染症 手術なし1618.7513.0012.5080.44
040081xx99x0xx誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし1624.3820.5125.0085.25
10006xxxxxx1xx1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり--13.7213.57-
   
糖尿病・内分泌内科で多い診断群は、2型糖尿病で1、2番目に入院にあたります。特に多いのは糖尿病のコントロール不良に対してインスリンの導入や投与量の調整、食事療法などを行う教育入院、合併症の治療のための入院です。糖尿病教育入院では多職種教育スタッフが参加のチーム医療による患者指導を行い、患者さんをサポートしています。
   
■血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 67 22.43 20.272.9970.85
130030xx99x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 37 21.14 16.620.0070.65
130030xx97x3xx非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 3あり3131.1630.793.2370.26
130030xx99x9xx非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 9あり2919.2113.540.0072.10
130030xx97x50x非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし2831.8231.900.0069.50
   
血液内科では主に白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、再生不良性貧血、骨髄異形性症候群などの血液免疫疾患の治療を行っています。1~5番目の診断群は全て非ホジキン種という悪性リンパ腫に対して化学療法を行った診断群で、輸血の施行の有無、化学療法の薬剤の違い等によって診断群が異なります。WHO分類に基づき、化学療法、放射線治療、手術、移植などの治療方法の中から、個々の患者さんにあった最適の治療を行っています。
   
■膠原病・腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 74 7.31 11.042.7060.82
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 14.79 15.280.0070.79
110280xx9901xx慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり1812.5614.015.5672.06
110310xx99xxxx腎臓又は尿路の感染症 手術なし1712.2913.000.0072.82
110260xx99x0xxネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし1711.7120.560.0063.88
   
膠原病・腎臓内科では主にリウマチ性疾患(膠原病)と腎臓病の治療を行っています。1番目と3番目の診断群は慢性腎不全などの腎疾患で、透析治療の有無で異なる診断群になっています。1番目の診断群は膠原病・腎臓内科の全体数の20%以上の割合を占めています。2番目の診断群はリウマチ性多発筋痛や顕微鏡的多発血管炎などの自己免疫疾患にあたります。いずれの診断群も在院日数は全国と比べて短い傾向にあり、早期の退院が実現できています。
   
■消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 414 2.13 2.660.0068.96
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 82 8.77 9.532.4476.23
060020xx04xxxx胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術638.178.110.0073.57
060050xx97x0xx肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし5510.7110.705.4575.18
060102xx99xxxx穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし496.827.742.0464.96
   
消化器内科で最も多いのは、昨年に引き続き小腸大腸の良性疾患の診断群で、大腸ポリープなどを内視鏡により切除する治療を行ったものです。2番目に多い診断群は胆管結石・胆管炎の診断郡で、内視鏡による胆管結石に対する手術や胆管炎に対するステント留置などを行った場合にあたります。いずれの診断群も在院日数は全国と比べてほぼ同じか短い傾向にあり、早期の退院が実現できています。
   
■総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 25 12.52 10.5112.0078.08
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 15 15.53 13.006.6775.13
040081xx99x0xx誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし--20.51--
180030xxxxxx0xその他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病 なし--10.76--
070560xx99x00x重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし--15.28--
   
総合診療科で最も多いのは、脱水症にあたる体液量減少症の診断群で、総合診療科全体数の25%以上の割合を占めています。また、この診断群の当院全体数の4割近くを総合診療科で占めています。2番目に多い診断群は尿路感染症や腎盂腎炎にあたる腎臓・尿路の感染症です。いずれも高齢者に多い疾患で昨年度より増加しており、地域の高齢化を反映しています。
   
■脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 70 17.49 15.6432.8675.04
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 33 16.42 17.3527.2775.73
010060x2990410脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 3、4又は51721.9420.4129.4182.18
040081xx99x0xx誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし1619.0620.516.2582.00
010060x2990400脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は51618.0619.1812.5085.25
   
脳神経内科で最も多いのは脳梗塞で、1~3番目、5番目は全て脳梗塞の診断群です。脳梗塞の診断群は発症日、JCS、治療内容などにより診断群が細かく分かれて多岐にわたるため、患者が少なく表示されていますが、令和2年度の脳梗塞での入院件数は254件で、多数の患者さんの治療を行っています。当院では急性期脳血管障害の治療に力を入れており、発症直後の脳梗塞の診断と治療に当たっております。
   
■呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 116 2.93 3.390.0072.76
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 69 2.00 2.040.0053.97
040040xx99040x肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし639.929.421.5972.68
040110xxxxx0xx間質性肺炎 手術・処置等2 なし4023.1818.617.5077.33
040040xx9900xx肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし2910.5513.3013.7976.83
   
呼吸器内科で最も多いのは肺の悪性腫瘍の診断群で、1、3、5番目がこれにあたります。1番目は肺癌の診断・治療のために組織検査をするための入院で、3番目は肺癌に対する抗癌剤などの化学療法のための入院です。肺癌の診断群は治療内容、副傷病の有無で診断群が細かく分かれて多岐にわたるため、患者数が少なく表示されていますが、令和2年度の肺癌の診断群の入院件数は479件であり、多数の患者さんの治療を行っています。
   
■循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 108 18.42 17.2317.5982.98
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 101 5.27 4.950.0062.59
050050xx0200xx狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし754.284.441.3373.85
050210xx97000x徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし6711.2810.562.9977.99
050050xx9910xx狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし633.173.070.0070.21
   
循環器内科で最も多いのは心不全の診断群です。高齢化に伴い近年増加している疾患で、平均年齢は80歳以上と高くなっています。当院では医師、慢性心不全看護認定看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士、医療ソーシャルワーカーで構成された心不全チームがあり、心不全を生じさせない、増悪させないための体制を整えています。次に多い診断群は、心房細動や心室期外収縮などの頻脈性の不整脈に対してアブレ-ションというカテーテルを使った手術を行う診断群です。
   
■小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 あり 85 1.12 2.120.003.35
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 72 4.01 6.130.000.00
110310xx99xxxx腎臓又は尿路の感染症 手術なし275.3713.000.001.67
080270xxxx0xxx食物アレルギー 手術・処置等1 なし261.232.440.009.00
140010x199x1xx妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 1あり248.3810.918.330.00
   
小児科で最も多いのは食物アレルギーの検査入院の診断群です。2番目に多い妊娠期間短縮・低出産体重に関する障害の診断群は主に出生直後の新生児の入院です。産科との連携を緊密にしており、ハイリスク分娩などや早産等の場合は小児科医が出産に立ち会い、新生児の救命蘇生措置を行っています。当院は新生児集中治療室と生育ケアユニットを持ち、治療にあたっています。
   
■外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 86 4.47 4.86 0.00 65.72
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 64 6.56 7.17 0.00 47.13
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 52 17.02 16.19 0.00 71.48
060150xx03xxxx虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等38
6.135.440.0039.87
060020xx02xxxx胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等3424.2419.040.0073.88
   
外科で最も多いのは鼠径ヘルニアに対し手術を行う診断群です。2番目は虫垂炎などに対し、抗生剤による治療等を行う診断群です。3番目は結腸の癌に対して結腸切除術などの手術を行う診断群です。1~3番目は昨年度と同じ診断群で順番も同じです。当院では食道癌、胃癌、肝癌、胆管癌、膵臓癌などの悪性疾患や、急性虫垂炎、急性胆のう炎などの急性疾患、腹部外傷などの救急医療を行っています。
   
■整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 203 25.71 25.09 68.97 84.48
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 72 21.82 18.81 65.28 79.10
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 58 6.47 5.18 5.17 61.09
160980xx99x0xx骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし3420.9719.0661.7681.47
070343xx01x0xx脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし3023.7020.406.6767.13
   
整形外科で最も多いのは大腿骨骨折などに手術を行う股関節・大腿付近の骨折の診断群です。2番目の胸椎や腰椎の圧迫骨折の診断群です。1、2番目ともに高齢者に多い疾患で、昨年度より患者数が増加しています。当院で大腿骨骨折や胸椎・腰椎の圧迫骨折の治療後、ADLの低下等の理由で、すぐに自宅に帰ることができない患者さんは、リハビリテーション目的に他院に転院することがあり、転院率が高くなっています。
   
■形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 49 11.82 12.874.0868.16
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 31 3.77 4.760.0045.77
180060xx97xxxxその他の新生物 手術あり263.856.270.0045.19
040081xx99x0xx誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし1515.2720.5120.0084.07
100100xx97x0xx糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 なし1526.3324.380.0073.07
   
形成外科で最も多いのは蜂巣炎、蜂窩織炎などの膿皮症に対して抗生剤等による治療を行った診断群です。2番目に多いのは皮膚や皮下にできた良性腫瘍を手術によって摘出する診断群です。1、2番目は昨年度と同じ診断群で順番も同じになっています。在院日数は全国と比べてほぼ同じか短い傾向にあり、早期の退院が実現できています。
   
■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 24.58 18.8665.7973.37
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 9.32 8.1817.8672.93
010050xx02x00x非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし2710.9312.0414.8177.48
160100xx97x00x頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし1714.359.6835.2973.59
010010xx02x00x脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし1318.7721.1715.3849.08
010040x199x0xx非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし132422.3561.5474.92
   
脳神経外科で最も多いのは外傷が原因ではない視床出血や被殻出血などにリハビリテーション等による治療を行う診断群、2番目は外傷性くも膜下出血、急性硬膜下血腫、脳挫傷などの頭蓋・頭蓋内損傷に保存加療を行う診断群です。3番目は慢性硬膜下血腫などに慢性穿孔洗浄術や穿頭脳室ドレナージ術を行う診断群です。脳神経外科では脳腫瘍、脳血管障害、外傷などあらゆる脳神経疾患に対して治療を行っています。
   
■呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 9.81 10.830.0073.11
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 9.35 10.080.0039.30
160400xx99x0xx胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2 なし--8.98--
040150xx97x00x肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし--29.23--
040081xx99x0xx誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし--20.51--
160450xx99x10x肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし--10.81--
   
呼吸器外科で最も多いのは肺の悪性腫瘍に対して肺の悪性腫瘍手術などの手術を行った診断群です。入院中に手術以外にも化学療法や放射線療法などの治療を併せて行う場合は別の診断群になります。2番目に多いのは自然気胸に対して肺の切除術や縫縮術などの手術を行った診断群です。呼吸器外科では肺癌をはじめ、縦隔腫瘍、転移性肺腫瘍、気胸、膿胸、胸部外傷、手掌多汗症などの疾患に対して手術を中心に治療を行っています。
   
■心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050080xx9701xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 1あり 30 15.57 18.323.3384.83
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 28 2.57 2.740.0062.93
050163xx97x0xx非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 なし215.007.860.0075.57
110280xx02x00x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし206.658.155.0070.40
050163xx03x0xx非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし1910.4711.560.0074.63
   
心臓血管外科で最も多いのは大動脈弁狭窄症に対してカテーテルを使い開胸しない手術等を行った診断群です。2番目は下肢の静脈瘤に対して手術を行った診断群です。いずれの診断群も在院日数は全国と比べてほぼ同じか短い傾向にあり、早期の退院が実現できています。当院ではハイブリッド手術室を有しており、ステントグラフト挿入術などに代表される血管造影技術を駆使して行う手術をより高い精度で行っています。
   
■乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1 なし 56 10.39 10.300.0061.71
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 39 6.46 6.020.0059.15
090010xx97x3xx乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 3あり274.6314.410.0062.15
090010xx99x30x乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし265.586.870.0067.23
090010xx99x0xx乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし217.579.580.0063.86
   
乳腺外科で多い症例は1~5番目まで全て乳癌など乳房の悪性腫瘍の診断群です。当院では切除術、温存手術、抗癌剤やホルモン治療などの化学療法、放射線などの治療を行っています。乳房の悪性腫瘍の診断群は多岐にわたるため、診断群ごとの患者数は少なく表示されていますが、乳腺・乳房の腫瘤、乳房の悪性腫瘍、転移性腫瘍な令和2年度は262件の入院があり、多数の患者さんの治療を行っています。
   
■皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 13 11.62 12.870.0061.71
080100xxxx0xxx薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし
080020xxxxxxxx 帯状疱疹
080190xxxxxxxx脱毛症
080190xxxxxxxxその他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病 なし
   
皮膚科で多い症例は、膿瘍や蜂窩織炎などの膿皮症の診断群です。2番目以降は10件未満のため患者数を「-」で表示をしています。
   
■泌尿器科・副腎外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 127 2.13 2.540.0071.37
11012xxx020x0x上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし715.965.670.0063.31
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 61 11.67 13.003.2877.70
11012xxx04xxxx上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)551.042.660.0053.96
110070xx03x20x膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし466.377.050.0072.04
   
泌尿器科・副腎外科で最も多いのは前立腺癌など前立腺の悪性腫瘍の診断目的に針生検を行う検査入院の診断群です。次に多いのは尿管や腎の結石にレーザーによる経尿道的尿路結石除去術を行った診断群です。同じく尿管や腎の結石に体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行った診断群が3番目に位置しています。泌尿器科・副腎外科では前立腺癌、膀胱癌などの尿路性器腫瘍、炎症性疾患、尿路結石などの泌尿器系疾患を幅広く治療しています。
   
■産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 82 9.26 9.450.0033.77
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 47 8.43 9.450.0032.04
120180xx99xx0x胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 定義副傷病 なし304.636.130.0032.23
120060xx02xxxx子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等275.706.100.0046.52
120170x099xxxx早産、切迫早産(妊娠週数34週以上) 手術なし244.797.620.0033.42
   
産婦人科で最も多いのは、既往帝切後妊娠等に帝王切開などの手術を行った診断群です。2番目に多いのが分娩停止や児頭回旋異常などの分娩の異常に対して帝王切開術などの手術を行った診断群です。いずれの診断群も在院日数は全国と比べてほぼ同じか短い傾向にあり、早期の退院が実現できています。当院では地域周産期医療センターに認定されており、県内の周産期医療施設と連携をとり診療を行っています。
   
■眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 214 2.29 2.760.0072.62
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 196 4.81 4.950.0075.76
020220xx97xxx0緑内障 その他の手術あり 片眼1293.515.790.0073.73
020160xx97xxx0網膜剥離 手術あり 片眼694.298.970.0058.93
020200xx9710xx黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし614.256.490.0068.79
   
眼科で最も多いのは、白内障に対して手術を行った診断群で、1番目は片眼に手術を行った場合、2番目は両眼に手術を行った場合にあたります。いずれの診断群も在院日数は全国と比べて短い傾向にあり、早期の退院が実現できています。全ての眼科領域の疾患を診療、治療していますが特に網膜硝子体疾患、緑内障、白内障の手術治療に重点を置いており、患者数も多くなっています。
   
■耳鼻咽喉・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 69 6.09 5.630.0040.43
030400xx99xxxx前庭機能障害 手術なし597.934.940.0071.27
030428xxxxxxxx突発性難聴3610.568.810.0059.97
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 31 6.45 6.710.0047.35
030390xx99xxxx顔面神経障害 手術なし319.749.170.0058.29
   
耳鼻咽喉・頭頸部外科で最も多いのは扁桃周囲膿瘍、扁桃炎等に対して抗生剤等による治療等を行った診断群です。次いで多いのが末梢性のめまい症やメニエール病などの前庭機能障害の診断群、3番目は突発性難聴の診断群です。1~3番目は昨年度と同じ診断群で順番も同じになっています。この他にも頭頸部癌、甲状腺腫瘍、副鼻腔炎、中耳などの手術症例も多く治療を行っています。
   
■救急総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 36 14.22 20.5122.2284.00
110310xx99xxxx腎臓又は尿路の感染症 手術なし2415.5013.0012.5086.25
161070xxxxx00x薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし212.193.810.0040.24
180010x0xxx2xx敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 2あり--32.44--
161020xxxxx00x体温異常 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし--6.10--
   
救急総合診療科で最も多いのは誤嚥性肺炎の診断群、2番目に多いのは尿路感染症や急性腎盂腎炎などの腎臓又は尿路の感染症の診断群です。どちらの疾患も高齢者に多い疾患で、平均年齢が高くなっています。3番目に多いのは急性アルコール中毒などの精神作用物質使用による精神および行動の障害の診断群です。
 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
 
   
初発 再発病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV不明
胃癌 67 11 16 38282718,7,6
大腸癌 63 37 47 66314318,7,6
乳癌53562523366018,7
肺癌4412241022715518,7
肝癌--12-146718,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
   
当院に入院し、5大癌の診療を行なった患者さんについて、病期・進行度などを示したものです。初回治療を行なった場合を「初発」とし、初回の一連の治療以降に継続治療を行なった場合を「再発」として集計しています。Stageは0~IVまであり、IVが最も進行していることになります。検査入院の場合、多くは退院の時点で組織検査の結果が確定しておらず、そういったケースは「不明」として計上しています。患者数が10件未満に満たないものは「-」で示しています。(厚生労働省「病院情報の公表にかかるFAQ」より)
令和2年度の5大癌の罹患患者総数は多い順に 、肺癌、大腸癌、乳癌、胃癌、肝癌でした。臓器別のStage分類で多いのは、胃癌はStageⅠ、乳癌はStageⅡ、肝癌はStagesⅢ、肺癌と大腸癌はStageⅣでした。当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けており、幅広いがん治療を行なっています。治療は癌の病期(Stage)、患者さんの全身状態に応じ、患者さん一人ひとりに合わせた最適な治療を選択しています。
 
 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

成人市中肺炎の重症度別患者数等
 
   
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 14.58 57.96
中等症 101 16.50 77.95
重症 33 22.27 84.24
超重症1514.4088.67
不明---
   
市中肺炎とは日常生活(病院外)の中で発症する肺炎のことです。インフルエンザなどのウイルス肺炎や誤嚥性肺炎(誤って食べ物などが気管に入り細菌が増殖することによって起こる肺炎)は集計の対象外なので含まれていません。重症度はA-DROPスコアを用いた評価で軽傷~超重症の4段階で評価されています。
当院では中等症の患者さんが最も多く、全体の半数以上を占めています。年齢が高くなるほど脱水や呼吸状態の悪化等がおこりやすく重症となる傾向があり、重症度と平均年齢に相関関係がみられます。
 
 

脳梗塞の患者数等

脳梗塞の患者数等
 
   
発症日から 患者数 平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 244 23.0379.1036.33
その他 12 23.2577.001.95
   
脳梗塞の患者さんの発症から入院までの経過した日数毎に、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。
令和2年度の脳梗塞の患者は発症日から3日以内の入院患者さんの割合が多く、全体の95%以上を占めています。当院では24時間体制で発症直後の脳梗塞の診断と治療が可能となっており、いつでも病型診断が可能な体制を整え、入院時より脳梗塞の病型にあった治療を行っています。
表中の「転院率」とは、当院退院後に他の医療機関に転院(入院)した割合を示しており、回復期のリハビリテーションを目的とした転院になっています。
 
 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
 
   
診療科ごとの手術件数を集計し、患者数の多い順にKコード別に示したものです。Kコードとは診療報酬上の手術分類であり、手術ごとに方法・部位大きさなどの要素で細かく分類されています。輸血関連、創傷処理、皮膚切開術、徒手整復術、軽微な手術およびすべての加算は対象外のため、含まれていません。
患者数が10件未満に満たないものは「-」で示しています。(厚生労働省「病院情報の公表にかかるFAQ」より)
 
   
■血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 11 11.91 3.91 0.00 51.73
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 等 - - - - -
K6261リンパ節摘出術(長径3cm未満)-----
K6262リンパ節摘出術(長径3cm以上)-----
K6182中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)-----
   
血液内科で最も多い症例は、自家移植による造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)で悪性リンパ腫の患者さんに行われます。2番目以降は10件未満のため患者数を「-」で表示をしています。
 
   
■膠原病・腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 35 9.37 10.17 0.00 66.26
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 11 3.27 17.09 0.00 65.64
K616-41経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回)-----
K6151血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術)-----
K783-2経尿道的尿管ステント留置術-----
   
膠原病・腎臓内科で最も多い手術は内シャント設置術、次に連行携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術です。どちらも慢性腎不全、末期腎不全、慢性腎臓病の患者さんに対し行う手術です。公表の対象の2つの手術は点数改正のためKコードが異なりますが、昨年度と同じ手術で順位も同じになっています。
 
   
■消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 429 0.11 1.10 0.00 69.26
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 78 1.64 11.17 3.85 78.91
K6532内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) 等611.006.210.0073.41
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 60 1.07 5.13 0.00 68.53
K6872内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)472.798.024.2682.43
   
消化器内科で最も多い手術は大腸ポリープに対して行う内視鏡手術で、令和元年度より患者数が増加しています。全ての手術が内視鏡による手術で、低侵襲で身体への負担が比較的少ない治療とされています。
 
   
■脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 23 0.22 33.30 78.26 82.70
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -
K597-3植込型心電図記録計移植術-----
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)-----
   
脳神経内科で最も多い手術は経皮的に行う脳血栓回収術です。塞栓症等の患者さんに対して行う手術で、令和元年度より患者数は増加、平均年齢は高くなっています。
 
   
■循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 83 2.28 3.90 1.20 65.36
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 70 3.64 1.99 1.43 74.83
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 58 3.69 9.34 6.90 78.43
K5491経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)440.0016.274.5575.80
K5952経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他)241.631.580.0054.13
   
循環器内科で最も多い手術は心房細動や心室粗動などの不整脈に対してアブレーションというカテーテルを使った手術です。心筋梗塞、狭心症、などの虚血性心疾患や不整脈の患者さんに行ったカテーテル治療が上位を占めています。
 
   
■小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 28 0.00 12.79 3.57 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 11 0.00 13.82 0.00 0.00
K0101 瘢痕拘縮形成手術(顔面) - - - - -
K6105動脈形成術、吻合術(その他の動脈)-----
K3772口蓋扁桃手術(摘出)-----
K370アデノイド切除術-----
   
小児科では新生児仮死蘇生術が1、2番目に位置しています。新生児仮死とは出生時の呼吸障害、循環障害などの症候群で、スコアによって1度と2度に分類されます。救命のため吸引や人工呼吸などの蘇生措置を行います。
 
   
■外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 87 0.28 3.67 0.00 66.23
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 1.48 6.11 4.69 62.45
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 48 2.52 13.52 0.00 71.06
K718-21腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)320.914.000.0042.88
K7193結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)244.3321.634.1772.67
   
外科で最も多い手術は鼠径ヘルニアの手術です。2~4番目は腹腔鏡による手術です。腹腔鏡による手術は低侵襲で身体への負担が比較的少ない治療とされています。1~4番目は昨年度同じ手術で同じ順位になっています。
 
   
■整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 149 2.81 21.16 61.07 82.50
K0811 人工骨頭挿入術(股) 72 3.71 21.38 73.61 84.92
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 62 1.92 8.97 16.13 69.45
K1423脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定)282.8625.3614.2964.93
K0821人工関節置換術(股) 等2614.6234.5019.2371.65
   
整形外科で最も多い手術は大腿骨の骨折に対する手術で、1番目2番目ともこれにあたります。高齢の方に多い疾患で、平均年齢も80歳以上となっています。1~3番目は昨年度同じ手術で同じ順位になっています。
 
   
■形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 16 0.63 1.69 0.00 32.13
K084 四肢切断術(下腿) 等 12 8.08 63.42 25.00 72.17
K016 動脈(皮)弁術 等 12 16.08 28.8 25.00 75.17
K0072皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)111.188.550.0081.36
K0061皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)-----
   
形成外科で最も多い手術は皮膚や皮下にできた2cm未満の良性腫瘍を摘出する手術です。腫瘍できた場所によって手術が事なり、非露出部にできた3cm未満の腫瘍は5番目の手術にあたります。良性の腫瘍の切除術は、腫瘍できる部位、大きさにより手術のKコードが異なります。
 
   
■脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 38 1.05 11.68 18.42 77.50
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 15 5.60 36.93 33.33 55.07
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 13 1.69 41.46 76.92 69.31
K1771脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)-----
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)-----
K609-2経皮的頸動脈ステント留置術-----
   
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対して行う穿孔洗浄術です。平均年齢が75歳以上であり、高齢の方に多い疾患です。2番目の頭蓋内腫瘍摘出術は令和元年度より患者数が増加しています。
 
   
■呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 26 1.69 8.38 0.00 73.54
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 26 1.88 6.27 0.00 73.50
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 20 4.00 4.10 0.00 39.15
K496-2胸腔鏡下醸膿胸膜又は胸膜胼胝切除術-----
K196-2胸腔鏡下交感神経節切除術(両側)-----
   
呼吸器外科で多いのは肺の悪性腫瘍に対する胸腔鏡手術で1番目と2番目にあたります。切除の仕方によってKコードが分かれます。全ての手術が胸腔鏡による手術です。胸腔鏡による手術は低侵襲で身体への負担が比較的少ない治療とされています。
 
   
■心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 35 4.54 11.20 2.86 84.94
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 26 1.23 14.31 11.54 75.46
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 23 0.30 1.00 0.00 62.57
K6153血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他)221.002.000.0073.32
K6121イ末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純)202.804.3010.0068.75
   
心臓血管外科で最も多い手術はTAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)です。従来の外科的治療と違い、開胸を伴わない手術のため、低侵襲で身体への負担が比較的少ない治療とされています。TAVIの手術は令和元年度の患者数の1.75倍になっています。
 
   
■乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 39 1.21 4.26 0.00 59.15
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 34 1.03 8.29 0.00 61.79
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 18 1.22 2.28 0.00 68.11
K4765乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)171.009.820.0061.71
K6112抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢)170.242.710.0057.41
   
乳腺外科で最も多い手術は乳癌に対する手術で1、2、4番目がこれにあたります。3、5番目は抗癌剤などの化学療法を行うためのカテーテルを設置するための手術で、設置する部位により手術が異なります。
 
   
■泌尿器科・副腎外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 70 1.50 4.96 1.43 73.41
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 69 1.07 3.64 0.00 63.39
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 54 0.00 0.00 0.00 54.13
K783-2経尿道的尿管ステント留置術390.958.157.6972.92
K8411経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)321.536.843.1374.50
   
泌尿器科・副腎外科で最も多い手術は令和元年度と同じく、経尿道的に膀胱の悪性腫瘍に対して行う手術です。2番目、3番目に多いのは結石に対して行う手術で、腎結石、尿管結石等に対して行われます。
 
   
■産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 103 4.85 6.81 0.00 33.55
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 59 2.08 6.88 0.00 32.53
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 26 1.00 4.12 0.00 39.27
K877-2腹腔鏡下腟式子宮全摘術251.004.520.0049.08
K872-31子宮内膜ポリープ切除術(電解質溶液利用) 等200.951.050.0044.40
   
産婦人科で多い手術は帝王切開手術で、1番目と2番目がこれにあたります。予定されて行う場合と、分娩中に手術が必要な事態が生じたために緊急で行う場合でKコードが異なります。選択的帝王切開は昨年度より患者数が24人増加しています。
 
   
■眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 406 0.57 1.97 0.00 74.00
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 等 176 0.53 2.68 0.00 64.64
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 111 0.63 2.17 0.00 74.24
K2802硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)540.432.110.0068.11
K2686緑内障手術(水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術)240.751.670.0077.42
   
眼科で最も多い手術は令和元年度と同じく、白内障に対して行う水晶体再建術です。高齢の方に多い疾患で、平均年齢も70歳を超えています。1番目から4番目は昨年度と同じ手術で順番も同じになっています。
 
   
■耳鼻咽喉・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 27 1.33 5.78 3.70 24.07
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 22 1.91 5.00 0.00 50.41
K4633 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘・頸部外側区域郭清を伴わない) 21 1.76 7.33 0.00 59.71
K6262リンパ節摘出術(長径3cm以上)210.863.860.0049.95
K368扁桃周囲膿瘍切開術180.564.830.0043.00
   
耳鼻咽喉・頭頸部外科で最も多い手術は令和元年度と同じく扁桃炎や扁桃肥大などに対して行う口蓋扁桃手術です。平均年齢は若く、10歳未満の患者さんが20%以上を占めています。
 
 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
 
   
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.09
180010 敗血症 同一 62 0.51
異なる 28 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 0.26
異なる - -
   
播種性血管内凝固症候群とは、感染症や悪性腫瘍などをきっかけにしておきる重篤な疾患です。全身の血管に小さな血栓ができて細い血管をつまらせることで凝固過剰となり、凝固因子と血小板が不足し、出血を引き起こします。症例数は昨年度より減少しています。
高齢者が多い地域であり、肺炎や尿路感染症に罹患する患者さんが多く、その重篤化から敗血症になる場合がほとんどです。入院契機が同一の症例数は昨年度より減少しています。
当院では救命救急センター、集中治療室を有しており、重症な患者さんを積極的に受け入れております。入院中に播種性血管内凝固症候群や敗血症の状態になった場合でも、各診療科が連携を取り、対応をしております。
手術・処置の合併症は手術後に感染や出血を生じた症例になります。当院では手術・処置を行なう前に、合併症について説明を行った上で治療を行なっており、治療に際しては合併症を起こさないよう細心の注意を払って治療を行なっています。
<<松江赤十字病院>> 〒690-8506 島根県松江市母衣町200 TEL:0852-24-2111 FAX:0852-31-9783