WWW を検索
  サイト内を検索
日本赤十字社
松江赤十字病院
〒690-8506
島根県松江市母衣町200
TEL.0852-24-2111
FAX.0852-31-9783
qrcode.png
https://www.matsue.jrc.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

ゲノム診療科

 

ゲノム診療科

ゲノム診療科
 

当院はこのたび、がんゲノム医療連携病院として厚生労働省から認定されました。今後、がんゲノム医療中核拠点病院である岡山大学と連携し、「がん遺伝子パネル検査」が行えるようになります。
私たちの身体は約37兆個の細胞からできています。その細胞および身体の設計図が遺伝子で、遺伝子と遺伝情報の全体を「ゲノム」といいます。この遺伝子が正常に機能しなくなる遺伝子変異の結果、異常なタンパク質(分子)が作られ、がん細胞が発生し、増殖していきます。近年の医学の進歩に伴い、がんの原因となる遺伝子変異が次々と明らかになっており、そこで生じた異常な分子を標的とし、がん細胞の増殖を抑える分子標的薬もどんどん開発されています。
このゲノム情報に基づく治療としてすでに、肺がん、乳がんなどで、少数の遺伝子を調べる「がん遺伝子検査」が行われ、分子標的薬により著明な効果が得られた患者さんも数多くいらっしゃいます。それを発展させたものが、「がん遺伝子パネル検査」です。手術などで採取したがん組織のゲノム情報を大量に読み取る「次世代シークエンサー」という装置により、がんの遺伝子を網羅的に調べます。そして乳がんであっても大腸がんの薬を使うというように、がん種の垣根を越えて原因となっている遺伝子変異に応じた治療薬を選択します。また、そこで得られた知見は「がんゲノム情報管理センター」と呼ばれる国の機関に集積され、今後の研究に役立てられます。
先進的な取り組みであることから、「がん遺伝子パネル検査」が行える病院は、現在、厚生労働省から認可された全国206施設に限られます。適応は標準治療が終了した固形がんや、標準治療が確立されていない原発不明がん、希少がんなどで、全身状態や臓器機能が保たれている患者さんです。
昨年6月に「がん遺伝子パネル検査」の一部が保険適応になりました。自費検査の場合、費用は40~70万円程度かかりますが、保険適応の場合、168,000円(3割負担)で、「高額療養費制度」が使えます。
留意すべき点は、結果がわかるまでに2か月弱かかること、実際に治療に結びつく薬剤が見つかる割合は約1割であること、治療のため遠方の病院への通院が必要になる場合があることなどです。
これまでの治療にはない新しい選択肢を得る方法として、「がん遺伝子パネル検査」が果たす役割は大きいでしょう。当院では患者相談・サポート室が窓口です。いつでもご相談ください。

 
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
乳腺外科部 部長 兼 ゲノム診療科 医師
曳野 肇(ひきの はじめ)

昭和62年 自治医科大学卒
資格等

    医学博士(自治医科大学)
    日本外科学会認定外科専門医、指導医、認定医
    日本乳癌学会認定乳腺専門医、指導医、認定医
    日本乳癌検診学会評議員
    日本乳癌学会評議員
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影医師
    島根県環境保健公社マンモグラフィ読影委員会 委員
 
所属学会
 
    日本外科学会
    日本乳癌学会
    日本乳癌検診学会
    日本がん治療認定医機構
 
 
第二小児科部 部長 兼 ゲノム診療科 医師
藤脇 建久(ふじわき たけひさ)

昭和62年 島根医科大学卒
資格等

    日本小児科学会認定小児科専門医
    日本人類遺伝学会認定臨床遺伝専門医

所属学会

    日本小児科学会
    日本遺伝カウンセリング学会
    日本先天代謝異常学会
    日本医用マススペクトル学会
 
専門分野

    先天代謝異常症
 
<<松江赤十字病院>> 〒690-8506 島根県松江市母衣町200 TEL:0852-24-2111 FAX:0852-31-9783