WWW を検索
  サイト内を検索
日本赤十字社
松江赤十字病院
〒690-8506
島根県松江市母衣町200
TEL.0852-24-2111
FAX.0852-31-9783
qrcode.png
https://www.matsue.jrc.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

産婦人科

 

【重要】新型コロナウイルス感染症に伴う対応(2021年11月25日更新)

【重要】新型コロナウイルス感染症に伴う対応(2021年11月25日更新)
 
  • ご家族の分娩立ち合いを2021/11/25より 島根県・鳥取県に居住している方1名のみ可能とします(途中での交代は不可、島根県・鳥取県以外に移動歴がある場合は、帰宅後2週間経過し、症状がなければ主治医確認後立ち合い可とします)。時間は陣痛発来した時から分娩後1時間までです。その他、体調確認方法等 詳細については産婦人科外来へお問い合わせ下さい。今後、新型コロナウイルス感染症の流行状況に伴い、再度立ち合い禁止とさせていただく場合があります。病棟への面会に関しては病院の方針に従い原則禁止のままです。

 

  • 当院では里帰り分娩に対応しております。これまで島根県・鳥取県以外の地域から帰省の方に関しましては、2週間の自宅待機をしていただいておりましたが、201/11/25以降は不要とします。ただし、発熱等症状がある場合には事前に電話連絡をお願いいたします。
 
  • ご不明な点は、産婦人科外来までお電話でお問い合わせ下さい。
 

診療科の概要

診療科の概要
 
 現在、産婦人科常勤医師6名、助産師20名、看護師9名で診療にあたっています。産婦人科医は、日本産科婦人科学会専門医5名、日本周産期・新生児医学会暫定指導医1名、母体保護法指定医2名、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医1名、日本がん治療認定医機構がん治療認定医1名、日本超音波医学会専門医2名、日本臨床細胞学会専門医1名を含んでいます。
 
 
 新型コロナウイルス蔓延により、妊婦様、ご家族様も不安な日々をお過ごしかと思います。
 母親学級については、現在人数を制限して少人数での開催としております。教室参加が難しい方もいらっしゃるかと思います。第1週目 産婦人科医師による「妊婦・出産について知っておいていただきたいこと」についての説明動画を掲載しておりますので、是非ご自宅でもご覧ください。
 引き続き安心して出産いただけるよう、スタッフ一同、万全の体制で臨みたいと考えております。ご不明な点は遠慮なくお尋ね下さい。
   
母親学級~妊娠・出産について知っておいていただきたいこと~
 

産科について

産科について
 

 当院は島根県の地域周産期母子医療センター(産科及び小児科等を備え、周産期に係る比較的高度な医療行為を行うことができる医療施設)に認定されており、県内の周産期医療施設と連携体制をとり診療を行っています。産科病棟は21床、新生児集中治療管理室(重症新生児受け入れ病床)は6床です。松江八束地区の中核病院として、周辺の病院・診療所から早産、妊娠高血圧症候群、多胎、胎児機能不全などのハイリスク妊産婦を受け入れています。また何らかの合併症をもつ妊婦様には、総合病院であることのメリットを最大限に生かし、内科系、外科系、精神神経科など、種々の専門科と協力して安全に出産ができるよう万全の管理体制をとっています。また当院には早産児や異常をもつ新生児を専門に扱う新生児集中治療管理室(NICU)があるため、出産や帝王切開に小児科医が立ち会ったり、生まれた赤ちゃんに何らかの異常があった場合には、直ちにNICUにて、小児科医師がケアいたします。このように当院ではハイリスクな妊娠・出産ならびに生まれてきた赤ちゃんの異常に備えて病院全体で安全対策をとっています。

 正常分娩においては、バースプランをもとに出来るだけ希望に沿った出産をしていただくようにしています。また家族の立会い、母子ともに異常が無ければカンガルーケアも行っています。退院後は母乳外来を利用してもらい、また各市町村の保健師との連携も密に行って安心して育児に取り組んでもらえるようにしています。

 
分娩関連症例数
  2018 2019 2020
分娩数 406 379 374
帝王切開数
183
160 169
多胎数 15 13 10
NICU・GCU入院数 257 233 274
母体搬送受入数 64 62 57
 
 
こんな疾患を診ています。
•切迫流産・早産
•子宮頸管無力症
•胎児異常
•妊娠高血圧症候群
•内科疾患合併妊娠(糖尿病、甲状腺、心疾患など)
•多胎妊娠
•胎児発育不全
•前期破水
•その他
 
 

院内助産 Hug me

院内助産 Hug me
 
2021年1月院内助産Hug me(はぐみー)を開設しました!
院内助産では正常な妊娠経過をたどる妊婦さんを対象に、助産師が中心となってお産のサポートをさせていただきます。Hug meという名前は「お母さんやご家族の皆さんと産まれてくる赤ちゃんとの絆を育む、新しい命を育む、産まれてきた赤ちゃんを愛情いっぱいHug(ハグ)して育ててほしい」そのような意味から付けました。院内助産でのお産を希望される妊婦さんには助産外来にて助産師による妊婦健診と、お産に向けたお話などを行い、より満足していただけるお産になるよう一緒に準備をしていきます。気になることなどございましたら、いつでもご相談下さい。お待ちしています!
 
 

助産外来

助産外来
 
助産外来では院内助産でのお産を希望される方だけでなく、正常な妊娠経過をたどる妊婦さんを対象に、産婦人科医師と協力しながら、助産師が妊婦健診や保健指導を行います。
助産外来を受診できるのは、助産外来での健診を希望され、外来担当医師の許可のある方となります。助産外来時には妊娠やお産、育児についての相談にも応じます!心配なことがございましたら気兼ねなく相談して下さい!
 
★ご案内はこちらです(クリックしてください)
 

母乳外来

母乳外来
 
当院では、出産し退院されてからも授乳や育児のサポートをさせて頂いています。授乳や育児に関する相談、乳腺炎などのトラブルにも対応しております。当院でお産された方はもちろん、他院でお産された方でも、どなたでもご利用頂けます!
完全予約制ですので、あらかじめお電話でご予約下さい。
 
★ご案内はこちらです(クリックしてください)
 

産後ケア事業

産後ケア事業
 
松江市より委託を受け、産後ケア事業を行っています。
産後ケアでは、当院の産科病棟で朝から夕方(9時~16時)まで過ごし休養をとっていただき、お母さんと赤ちゃんの体調管理や、産後の生活や育児についての相談などに応じています。産後の体調や育児に不安があり、相談や支援の得られない方がおられましたら、一人で悩まず、ぜひご相談下さい。
 
★ご案内はこちらです(クリックしてください)
 

2週間後健診

2週間後健診
 
退院後の育児やご自身の身体のことについて助産師が担当しますが、必要時は医師の診察を受けることができます。
【対象時期】産後2週間程度
【場所】6階周産期センター
【診察曜日・時間】月~金 13時~15時(完全予約制)
【診察所要時間】60分程度
【料金】松江市に住民票のある方は無料(無料券を必ず持参して下さい)
   その他にお住まいの方は自治体によって異なりますのでお住まいの市町村にてご確認下さい。
 

婦人科について

婦人科について
 

 婦人科分野では、新しい技術や道具・器械を導入することによって医療レベルのさらなる向上に努めています。現在、CT、PET-CT、MRI、腹腔鏡、レゼクトスコープ等を完備しています。

 良性婦人科疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、子宮脱など)の治療は、病状や年齢を考慮し、出来るだけご本人の御希望を考慮し治療方針を決定します。最近では婦人科良性疾患で手術が必要な場合、患者さまの負担をよりいっそう軽減するため、できるだけ腟式の手術あるいは腹腔鏡を用いた手術を行うようにしています。腟式手術あるいは腹腔鏡下手術は、従来の開腹手術に比べて術後の痛みが少ない、傷が目立たない、入院日数や自宅療養の日数が短くてすむなど、患者様にとって負担が少ないからです。またクリニカルパスに基づいた入院手術を行い、入院期間の短縮および患者様にわかりやすい診療を心がけています。

 当院は、がん診療連携拠点病院に認定されています。婦人科癌検診に関して、従来の細胞診検査を用いた子宮頚部癌検診に加えてハイリスク患者における細胞診検査や超音波検査を用いた子宮体部癌検診も行っています。子宮癌や卵巣癌などの婦人科悪性腫瘍に対する治療では、日本あるいは世界のスタンダードとされる治療方針を患者さまに提示し、quality of life(生活の質)の向上を第一と考え、患者さま本人とよく相談して決めています。妊娠を希望される若年者の症例に対しては、子宮・卵巣温存手術も考慮し、進行癌の患者さまの場合、麻酔科、精神神経科などと合同で緩和ケアチームによる「癌と共に生きる」治療にも取り組んでいます。

 

 
主な婦人科手術症例数
  2018 2019 2020
悪性腫瘍手術 14 17 16
子宮全摘術(開腹) 20 26 18
子宮全摘術(腹腔鏡) 20 24 23
卵巣腫瘍手術(開腹) 9 8 11
卵巣腫瘍手術(腹腔鏡) 27 22 30
子宮鏡下手術 56 38 30
子宮脱手術 12 13 15
 

こんな疾患を診ています。

婦人科悪性腫瘍
  • 子宮癌(頸癌、体癌)
  • 卵巣癌
  • 絨毛性疾患
  • その他
婦人科良性疾患
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症・子宮腺筋症
  • 性器脱(子宮、膀胱、直腸)
  • 骨盤内感染症
  • 性感染症
  • 不妊症
  • その他
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
第一産婦人科部 部長
真鍋 敦(まなべ あつし)

昭和63年 島根医科大学卒
資格等

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医、指導医
    日本超音波医学会超音波専門医
    母体保護法指定医
    臨床研修指導医
 
 
第二産婦人科部 部長
藤脇 律人(ふじわき りつと)

平成2年 島根医科大学卒
資格等

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    日本超音波医学会超音波専門医
    日本臨床細胞学会細胞診専門医
    臨床研修指導医
  母体保護法指定医
 
   
第一産婦人科部 副部長
池野屋 美智子(いけのや みちこ)

平成11年 聖マリアンナ医科大学卒
資格等

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    臨床研修指導医
 
   
第二産婦人科部 副部長
石原 とも子(いしはら ともこ)

平成19年 島根大学卒
資格等

     日本産科婦人科学会産婦人科専門医
 
所属学会
 
  日本産科婦人科学会
  日本超音波医学会
  日本周産期・新生児医学会
 
 
第二産婦人科部 医師
澁川 昇平(しぶかわ しょうへい)

平成21年 岡山大学卒
資格等
 
 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
 日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
 母体保護法指定医
 
所属学会
 
 日本産科婦人科学会
 日本周産期・新生児医学会
 
 
第一産婦人科部 医師
澤田 康治(さわだ こうじ)

昭和51年 鳥取大学卒
資格等

    日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    日本周産期・新生児医学会暫定指導医
    母体保護法指定医
    臨床研修指導医
<<松江赤十字病院>> 〒690-8506 島根県松江市母衣町200 TEL:0852-24-2111 FAX:0852-31-9783