WWW を検索
  サイト内を検索
 

診療支援部門

 

診療支援室長の一言

診療支援室長の一言
 
 厚生労働省から医師業務の負担軽減及び医療の質の向上を目的に医師事務作業補助者(クラーク)の配置を推進するよう方針が出され、当院も平成22年から各診療科に外来診療補助を主な業務とする医師事務作業補助者(クラーク)を配置しています。
 診療支援室では、医師が患者さんと向き合い、診療業務に専念できる環境作りを目指して、現在32名が医師の指示により下記の業務を行っています。
 

診療支援室の主な業務内容

診療支援室の主な業務内容
 
医師の診察に係る業務
    ・患者呼び出し
    ・検査・予約の説明
    ・患者への同意書記載説明
 
診療記録への代行入力
    ・口述SOAP入力
    ・各種オーダ入力
    ・受診のお知らせ作成
    ・診療情報提供書作成
    ・院内紹介・返書作成
    ・退院サマリー作成
 
診断書などの文書作成補助
    ・各種診断書の作成
    ・各種証明書の作成
    ・各種同意書作成
 
 
医療行政上要求される業務
国・県などの行政機関から求められる診療統計・調査
 
医療の質の向上に資する事務作業
    ・診療に関するデータ整理
    ・各種学会データベース登録
    ・カンファレンス資料作成、準備
    ・医師の教育や臨床研修の指導評価に関する補助
 
 なお、医師事務作業補助者(クラーク)を配置することにより、診療報酬上の医師事務作業補助体制加算を算定しています。算定条件において、医師業務の事務作業補助を目的としていますので、医師以外の職種の指示の下に行う、診療報酬の請求業務、窓口・受付業務、看護業務の補助並びに物品運搬業務等については、医師事務作業補助者(クラーク)が行うことはできないことになっています。
 また、当院においては、医療安全上、輸血・麻薬・抗がん剤オーダについては、医師事務作業補助者(クラーク)は行っておりません。
 

診療科配置数(平成27年4月現在)

診療科配置数(平成27年4月現在)
 
診療科 医師数 クラーク数 診療科 医師数 クラーク数
糖尿病・内分泌内科 4 1 心臓血管外科 5 1
血液内科 3 1 乳腺外科 2 1
消化器内科 8 2 皮膚科 1 1
膠原病・腎臓内科 3 1 泌尿器科 3 1
総合診療科 2 1 産婦人科 5 1.5
精神神経科 2 1 眼科 4 2
神経内科 4 1.5 耳鼻咽喉頭頸部科 5 1
呼吸器内科 3 1 リハビリテーション科 2 1
循環器内科 7 2 放射線科 3 1
小児科 7 1.5 麻酔科・集中治療科 8 0.5
消化器外科 7 1 歯科口腔外科 3 1.5
整形外科 4 1 救命救急科 0 1
形成外科 4 1 診療支援室 0 4
脳神経外科 5 0.5      
呼吸器外科 3 0.5 合計 106 35
 
当院の体制は診療科毎に医師事務作業補助者(クラーク)を配置する診療科密着型で、各科のニーズに応じた柔軟な対応を取っており、科に特化した業務を行っています。
 

診療支援室の取り組み

診療支援室の取り組み
 
診療現場での様々な補助業務
・外来医師事務作業補助(各科外来で各種オーダの代行入力、書類作成等)
・病棟医師事務作業補助(ICU・CCUにてデータベース登録業務)
   
学会関連データベース登録業務
・JACVSD(日本成人心臓血管外科データベース):心臓血管外科
 
・NCD(National Clinical Database) :心臓血管外科256件(JACVSD含む)、
 乳腺外科110件、消化器外科644件(平成25年実績)
 
・日本脳卒中協会脳卒中データバンク:神経内科
 
カンファレンス出席(資料・議事録等作成)
糖尿病・内分泌内科、総合診療科、血液内科、消化器内科、神経内科、精神神経科、乳腺外科
 
各種学会発表
・医師事務作業補助者の導入効果(第49回日本赤十字社医学会総会:平成25年10月17日)
 
・医師事務作業補助者を活用した当院でのHBV再活性化対策の試み
 (第40回日本肝臓学会西部会:平成25年12月6日~7日)
 
・医師事務作業補助者の取り組みと成果(日本医療マネジメント学会第13回島根支部学術集会:平成26年9月27日)
 
 
<<松江赤十字病院>> 〒690-8506 島根県松江市母衣町200 TEL:0852-24-2111 FAX:0852-31-9783